相続とは

1 相続とは

相続とは、ある人が死亡したときに、その人の財産を配偶者・子・親・兄弟姉妹らが財産を引き継ぐという制度です。

プラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も相続の対象となります。

相続人の資格は、法律で決まっています。

相続が発生したら、だれが相続人となるかという点をまず確認しなければなりません。

また、法定相続分といって、相続人が、本来、相続できる財産の割合も法律で定められています。

どの相続人が、どの相続財産(遺産)を取得するか話し合うことを遺産分割協議といいます。

この遺産分割協議は、相続人全員でしないと無効となります。

その意味でも、相続人の確定は最初になすべきこととなります。

 

相続の問題は、相続人かどうか

相続分はどのぐらいか

相続財産の評価はどのようにするか

相続財産の具体的な分割方法はどうするか

相続税の申告はどのようにするか

それぞれ、予め、紛争やトラブルが怒らないように制度等があります。

備えておくことが大切です。

 

所沢の弁護士 アイビー法律事務所への問い合わせ

2018年5月1日相続家事, 相続, 基本, 財産, 相続人, 遺産, 遺産分割協議

Posted by 管理人