どれぐらいの割合の人が相続税を支払っているか知っていますか?

毎年12月ごろ、国税庁から、相続税の申告状況が発表されます。

直近では、平成28年分の相続税の申告状況が、平成29年12月に発表されています。

平成28年中(平成28年1月1日から平成28年12月31日)に亡くなられた方から、相続が発生しますが、どれぐらいの割合で、相続によって、税金を支払うことになっていると思いますか?

国税庁によれば、平成28年中に亡くなられた方(被相続人数)は約131万人だそうです(平成27年約129万人)。

このうち相続税の課税対象となった被相続人数は約10万6千人(平成27年約10万3千人)で、課税割合は8.1%(平成27年8.0%)となっているとのことです(平成27年より0.1ポイント増加)。

なお、平成27年1月1日以後の相続等については、平成25年度税制改正により、基礎控除額の引下げ等が行われていて、若干増えた状況です。平成26年の課税割合は、4.4%です。

100人亡くなって、そのうち8人が、相続税の基礎控除を超える遺産があるという計算であり、基礎控除は引き下げられましたが、全体からすると相続税を支払うケースはそれほど多くはないとも言えます。

ただ、上記のような数字でも、相続税として納められた税額の合計は1兆8,681億円(平成27年1兆8,116億円)で、被相続人1人当たりでは1,764万円(平成27年1,758万円)となっています。

金額をみると、結構税金が払われているという印象ですよね。

 

 

引用サイト:国税庁サイト

https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2017/sozoku_shinkoku/index.htm

 

所沢の弁護士 アイビー法律事務所への問い合わせ

2018年6月9日ニュース, 相続

Posted by 管理人