遺産分割で相続税が少なくしたいと考えるとどのように分割をするのか?

遺産分割は、法定相続人が法律で定まっているので、その法定相続人の間でなされます。

配偶者の法定相続分は、2分の1です。

この配偶者については、配偶者控除というものがあり、相続財産の2分の1までの相続か、1億6千万円までであれば、相続税がかかりません(相続人が配偶者と子供の場合)。

なので、この1憶6千万円の枠を使うことで節税につながります。

 

なお、二次相続を考えると、かえって損をするケースもありますので、配偶者が相続した後にも、節税をされる方は少なくありません。

 

たとえば、贈与税の基礎控除や相続税よりも低い贈与税ならば贈与で徐々に資産を移す。

あるいは、住宅取得資金、結婚・子育資金、教育資金等であれば、贈与の特例を活用する。

生命保険の加入をして、生命保険の非課税枠を活用するなど、

いろいろ工夫をして、二次相続でかえって損ををすることがないように工夫されている方もいます。

特例には、要件もあるので、税理士に相談をして進めるのが良いと思います。

 

 

 

残された配偶者は、相続財産の1/2まで相続するか、又は1億6千万円まで相続するのであれば、相続税がかかることなく相続することができます。(※相続人が配偶者と子供の場合)

配偶者の法定相続割合は1/2ですので、どんなに財産が多くても配偶者は法定相続割合までの相続であれば相続税がかかりません。

また法定相続割合である1/2を超えたとしても、1億6千万円まではかかりません。

このように配偶者の将来の生活が困らないように配慮されたものが「配偶者控除」で、遺産分割は配偶者ができるだけ多く受けとるようにする方が、節税になると言えます。

この規定を受けるための要件としては、申告期限までに遺産分割協議がまとまっていることが必要です。

所沢の弁護士 アイビー法律事務所への問い合わせ

2018年9月2日ニュース, 相続

Posted by 管理人