相続税における土地の評価は、価値をどのように算定するの?

土地には、固定資産税がかかり、役所では、固定資産評価証明書なるものが発行されます。

そうでなくても、年1回、固定資産税の請求が来ますが、そこに固定資産評価額が記載されています。

これも、土地の価値を図る指標ではありますが、相続税は、原則として、土地の評価には、これを使いません。

路線価という評価指標を使います。

路線価図

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、国税庁がホームページで公開していますが、道路に面する宅地1平方mあたりの評価額のことをいいます。この価額は、国税局長によって定められます。毎年7月に1月1日時点の価格が公表されています。

この路線価は、地価公示価格の8割とされています。

地価公示価格とは何か?というと国土交通省が発表している指標です。

国土交通省が行っており、依頼を受けた不動産鑑定士らによって現地調査がなされ、総合的に評価をして作成されるもので、毎年1月1日時点の単価として3月中旬ごろに発表されている指標です。取引価格の参考になるものです。

ちなみに、固定資産額は、この地価公示価格の7割とされています。

つまりは、

地価公示価格(10割)、路線価(8割)、固定資産評価額(7割)ということになります。

 

さて、話を元に戻しますが、

相続税では、路線価を使って、価値を算定します。

路線価 × 地積 = 評価額

となります。

なお、市街地の土地ではないときなどは、路線価が定められておらず、そのような場合固定資産評価額に倍率を乗じて算定することになります。

固定資産評価額 × 倍率 = 評価額

倍率は、国税庁のサイトからわかるので、確認してみてください。

あと、注意点は、土地の状況による「補正」による評価の修正です。

土地がいびつな形をしているときは、「不整形地」といって、補正率を乗じて算定します。

このあたりになると、いろいろな要素があるので、税理士に相談をした方がよいです。

例をあげると

間口の狭い土地かどうか、奥行きの長い土地かどうか、傾斜があるかないか等によっても変わりますし、私道の有無、利用価値が著しく低い土地かどうかなど、その他にいろいろあります。

 

あと最後に忘れてはならないのが、

自宅の土地の場合の小規模宅地の特例による評価

事業用に使用されている場合の小規模宅地の特例による評価

です。

これらは、また別途ご説明しますね。

 

 

所沢の弁護士 アイビー法律事務所への問い合わせ

2018年9月11日ニュース, 相続

Posted by 管理人